引越し

無計画で引越しをすると

誰にも予告なく、無計画に引っ越すことは危険に感じます。せっかく人間に生まれたのですから、物事を進めたいときは、じっくり時間をかけて、考える過程を楽しむことも大人として生きていくコツのように感じます。
私については生き方が下手なのですが、学生時代の友人はなんだか、世渡りが上手です。なかなか私には本当のところを打ち明けてこないため、私は彼に少しだけ不満を抱いているけれど、それでも彼は私に対して、けっこう世話を焼いてくれています。世話とは、遊びに誘ってくれるということです。
私は<どん底>。彼は<勝ち組>。こんな身近で、格差が生まれてしまいました。なかなか今さら相談できないことが多くなりすぎてしまいました。
相談事は早く持ちかけるほうが良い場合があります。時間がかかるとこじれてしまいます。どうにか自分の力だけで、悩み事をか解決してみたい!とは思うものの、やはり他力は最強です。私だけの力と比べて、2倍や3倍それ以上のビッグスケールなサポート力を持つ人間力、それこそが人脈です。<旅の恥は、書き捨て>なんて言葉がありますけれど、いつかは相談事を持ちかけることになるわけで、やはり何でも打ち明けられる友人外や方が心強いなぁと感じています。
書いておきたいことは、住まいの案件です。不動産屋へ駆けつけることも悪くないけれど、先ずは親しい友人に、じっくり本音を打ち明けたり、結局考える時間を増やしておくほうが、夢も広がり素敵な時間を拡大できるんぢゃなかろうかって風に思うことが最近になって、増えてきたのです。

基本的には仕事さえ自由ならば、本州に住みたいのです。旅行や出張ならば、四国なんかぴったりに思います。北海道は避暑地として考えているため、色々と自分としては、その土地それぞれの個性にゆだねる感じです。引っ越しするなら海外は考えにないのです。贅沢なマンションぐらいも考えたことがないのです。今日の、今の時点での話です。